ガスコンロ

バーモ(Vamo.)ガスホースはどれを買えばいい?

リンナイガスコンロ バーモを購入したいけどガスホースは付いてないのかなぁ~⁉

答えはついてません!

バーモには付属のガスホースはついてないんです。

ちなみにバーモに限らず別のガスコンロを購入してもついてないのが当たり前なんです。

ガスホースがついてたら嬉しいですけどね!

ガスホースはホームセンターや家電量販店でかんたんに購入できます。

楽天・アマゾンなどの通販サイトでも買えます。

しかし、ガスホースっていくつか種類があり何を買ったらいいか?
わからないですよね?

そこで ガスホースの選び方と注意点などお話していきます。

ガスホースの選び方

まず最初にガスの種類を確認しましょう。

ガスの種類には「都市ガス(12A・13A)」と「プロパンガス(LPガス)」のタイプの2種類あります。

ガスの種類がわからい場合は家主(管理会社)に確認するかガス明細に記載されているエリア内のガス会社へ問い合わせしてください。

バーモには都市ガス用プロパンガス用があります。
買うときは間違わないようにして下さいね!

それでも間違えたときはバーモ本体の内部部品を交換することで都市ガス用からプロパンガス用に変更することもできるんです。
有料になるのでやりたくないですけどね!

どうしても交換する場合はメーカーで対応してます。

都市ガス用とプロパンガス用 ガスホースの違いは?

都市ガス用ガスホースは下のようにホース部が白いです。
取付に必要なバンドもついています。

 

プロパンガス用ガスホースはホース部がオレンジ色です。
こちらもバンドはついています。
色で判断できるので間違えることはないでしょう。

ガスコンロを買い替えるときは古いガスホースは使いまわさず必ず新しいものを使用してください。

事故につながる恐れがあります!

ガスホースの長さ選び

バーモ本体のガス栓からキッチンのガス栓までの距離を測ります。

ガスホースは50㎝の短いものから長いものまであります。

ガスホースは短すぎてギリギリでも負担がかかりよくありません。
長すぎても曲がってしまいこちらも余分な負担がかかってしまいますのでよくありません。

長いものはハサミで切ることができますので適切な長さに切って下さい。

 

短くて届かないってことがないように長いものを選んでいれば間違いないでしょう。

ガス栓の種類は[ホースエンドタイプ]と[コンセントタイプ]

ガス栓の接続口の形状には2種類あります。

[ホースエンドタイプ][コンセントタイプ]です。

ホースエンドタイプとは

ホースエンドタイプはガスホースをそのまま差し込むタイプです。
接続口根元には赤い線が目印です。

ホースエンドタイプはこんな感じに取付ます。
ガスホースだけ用意すれば問題ありません。

コンセントタイプとは

コンセントタイプはゴム管ソケットを付けたガスホースを接続口に差し込むタイプです。
根元に線なし

ゴム管ソケットとは下の(ゴムキャップとゴム管止め)のことです。

コンセントタイプはこんな感じに取付けます。
ガスホース+ゴム管用ソケット2つを用意してください。

ガスホースとゴム管用ソケットがセットになってる商品もあります。

ゴム管止めを付けるとき熱収縮する作業があります。
その手間がなくとても便利です!

まとめ

ガスコンロは一つ間違えると事故につながります。

不具合や事故を防ぐためガスコンロとガスの種類をしっかり確認してください。

先ほどもいいましたが、リンナイ バーモには都市ガス用プロパンガス用があります。

リンナイ公式サイトには親切に【ガス用ゴム管接続 かんたんガイド】が掲載されてます。

また設置方法についても詳しく説明してます。

-ガスコンロ

© 2022 くらしにすみナビ Powered by AFFINGER5